ブランドイベントプロデュース ベーシック実践講座

 

ブランドイベントプロデュース ベーシック実践講座

開催日:隔週金曜日 18時30分~22時00分(3.5時間)×5回(3カ月間)+実践

開催場所:152-0013 東京都目黒区洗足1-28-2 ハートランドテラス1F(目黒クリ エイターズハウス

※東急目黒線 洗足駅 徒歩4分

※カリキュラムは別紙を参照ください

定員:7名以内

※1期生:2019年8月~3カ月間スタート

 

お名前*
講座参加希望日
支払い方法
 振込 カード払い
支払い区分
 通常料金358,000円 入門基礎講座当日申し込み 321,000円
電話番号
E-MAIL*
E-MAIL(確認)*
メッセージ


10代の頃よりイベントやツアーを主催するプロジェクト(様々な大学の学生が集うインターカレッジサークル)を(旅行会社や各種マスコミ・テレビ・雑誌連動)を立ち上げ実施。立ち上げた某組織は、後輩たちの努力により、東京最大かつ全国的にも有名団体へと成長、テレビ番組にも多数露出し、番組企画にも多数関わった。

年間2万人以上の動員(沖縄・与論・白浜、斑尾ツアーなど)を達成、スタッフの盛り上げ技能向上によりクラブパーティでショウタイムをスタッフがおこない、盛り上がりのクライマックスでは失神者がでるほどの盛り上がりを極める。スタッフは男性のみ、参加者は女性のみとし、男女比は90%以上が女性で、ダンスのショウタイムやコント、コールなどを連発し、スタッフをカリスマお笑いアイドル化しファンクラブ化する形式をとった。ファッション誌、テレビ、そのほか、メディアでも露出し、東京遊んでいる学生で知らない人はいない団体となる(すべて潮凪引退後の後輩の実績)。

参加者の女性はサーファー系、ギャル系、クラバー系が多く、高校生から大学2年生くらいまでが多かった。イベントに参加していた女性を指す言葉「コギャル」という言葉がはやるきっかけをつくったこと(潮凪がテレビ朝日ウイークエンドスピリッツ番組内でコギャルを定義)、さらには家田荘子(作家)氏の作品の主人公に潮凪洋介少年がなったことは事実トリビアである。

3月の斑尾高原のクラブでの3年生スタッフ引退スキーツアー(スタッフがカリスマ化されていた)にはリピーター(全員女性)が1000人以上(大型バス16台)参加、涙の引退式が毎年恒例。関越自動車道に3キロ近いバスの列で斑尾に向かい、イベント引退式では、スタッフは両手にかかえきれないほどの花束を涙を流す女性たちから貰うという「劇場型セレモニー様式」が特徴であった。

引退後、大学4年時には関東のメジャーイベサー・ツアサーの幹部OB連合会「CHL」を結成、数十のメジャー団体の幹部を説得し加入を促し、組織を拡大。社会人となり、OB組織、現役間の争いをなくし、合議制の運営方式にてOB連合CHLにおいて300回以上のイベントを開催。東京港区南麻布に14年間専用のサロン式シェアハウスを運営し、団体の本拠地とした。メンバー500人、運営幹部30人の組織運営を実施、内部で何十組もの結婚が発生し、現在、ビックファミリーを成している。

2000年代になり、脱サラして作家デビュー後は、「LOVE SONG GROOVE PARTY“LOVE GROOVE”」を開催、読者ファン延べ3000人を動員。 その後も雑誌、ソトコトやSPA!とコラボし、出版社飛び越え、600人パーティなどを実施、自然を活用したロハスイベント団体「LOHAS EXTENSHION(メンバー800人)」を雑誌「ソトコト」と創設。