【当講座の特徴】
これまでに300名以上が受講!
電撃結婚達成実績アリ!
サブノートに記入しながらのレクチャー。楽しく元気よく進行します。
婚活仲間との新しい輪ができます!(セミナー後の懇親会も任意で開催)
一般企業の福利厚生講座としてもご愛顧頂いています。
 
 
 
 
 
 
 
     
     
     
     
     
     
     
     
 
電撃結婚!婚活講座申し込みフォーム
代表者氏名※
代表者年齢
連絡用メールアドレス※
連絡用メールアドレス(確認)※
携帯電話番号(緊急連絡用)※
居住地域※
勤務地域
同時参加の方のお名前1
同時参加の方のお名前2
同時参加の方のお名前3
 
  

■貸切チャーター開催ご予定の方へ
参加者のスケジュール調整に便利な無料ツールはコチラ http://chouseisan.com/

 
 
「大人のイイ男なんて、みんな売り切れているに決まっている!」世の中にはそんな誤解をしている女性が大勢います。しかしそれは大きな大きな間違いです。「大人の人のイイ男こそ売れ残り、運命の人との電撃結婚を一日も早く望んでいる」のです。その証拠に結婚適齢期を迎えた男性は、理想の女性(運命の恋)を見つけた瞬間ものすごいスピードで恋に落ち、あっという間に「結婚」を意識します。なかには「出会って1ヶ月でプロポーズ」という人もいます。

本講座は「結婚適齢期の大人のイイ男」と「電撃結婚」を短期間で達成するためのものです。カリキュラムは、まだ誰とも出会っていない状態からスタートします。まず恋愛体質を整え、次に多くの男性と知り合っていただきます。次に運命の恋人と出会い、順を追って進めてゆくうちに「電撃結婚」への階段を登ってゆくための方法をレクチャーします。男心の奥底にある本音は女性は知ることができません。

なかでも女性から見て最もベールに包まれているのが「結婚適齢期の男ゴコ
ロ」です。それを紐解き、女性に橋渡しするのが男である私の役目です。実は「結婚適齢期の大人の男と女」は、お互いに魅力を感じながらも、背中を向て立つ習性があります。別に敬遠しあっているわけではありません。

社会生活、ビジネス経験の積み重ねによって築かれた「社交辞令」の壁がそうさせるのです。もし、この2人が、方向を180度変えて、互いに向き合うことができたなら、磁石のように引き合う関係が生まれるはずです。友人とチームを組んで進み具合を互いにチェックしながら楽しく進めるのも良いでしょう!

この講座に参加した後の180日はきっと一生で一番忙しく、輝きに満ちた日々となると思います。生涯を決めるこの180日を、思う存分楽しんでください!女性にとって最も尊い探し物、それが「運命の恋」です。運命の恋に出会うと、女性は生まれ変わったようにイキイキと命を光らせます。「運命の恋」は命の源であり、人類全体にとってもハッピーなことです。貴女に「運命の恋」と「電撃結婚」が訪れることを祈っています!
 
 
   

※当講座「1DAY」の講座受講者だけが受講可能な「電撃結婚特訓コース」の特別マニュアルとなります。
■一目でポジティヴとわかるオンナになれ!
パッと明るい表情の女性はすこぶるモテル〜

「太陽のような明るさ」を背負った女性は「大人のイイ男」には大人気です。なぜかというと「イイ男」自体が根本的に「ポジティヴ」な性格だからです。一見渋くてクールに見えても「内面」がポジティヴでないと「イイ男」ではいられません。大人のイイ男は、徹底的に前向きで、ロマンティストで、ドラマ好きなのです。仕事も遊びも完全燃焼する―。それがイイ男なのです。

だから、大人のイイ男の心を掴もうとおもったら「心の中」だけでいくらポジティヴに思っていてもダメ!それが貴女の表情に出ていないといけないのです。二言三言会話を交わしただけで「この子は明るくて打たれ強い!」と男性に思わせる―。
それが大事です。
もし貴女がこれまで、複雑怪奇な大人のオンナを演じていたならそれが「イイ男」を遠ざけていた原因かもしれません。大人のイイ男は「単純でわかりやすい顔」、それでいて「賢い女性」が大好物なのです。
まず基本中の基本から―。
毎日、メイクのときだけ無表情で鏡に向かっているでしょう?その時間をほんのちょっと延長し、自分の表情をチェックしましょう。大事なのはとくに相手の会話を聞いているときの貴女の表情です。
思ったより曇っていませんか?そこで、一番の理想の「開いた表情」をつくり「これが私の明るく開いた表情よ!」と何度も何度も顔の筋肉に覚えこませてください。メイクをするときに毎日です。
  「そんなこととっくに毎日やっているわ!」という方は次の方法をお試しください。
「会話の合間に視線をやや下にずらす習慣を、やや上にずらす習慣に変えよ」という方法です。会話中、ところどころで視線を相手目線よりもやや上、その後ろの壁に投げた方が、貴女の表情は何倍も明るく見えます。上手くやるコツは会話を笑顔でこなし、その余韻において視線を休ます程度におこなうことです。
  緊張したり、会話に詰まったりすると誰もが「視線」を伏せてしまいます。
うっかり、下に視線をずらすと「伏目がち」になり、ふさぎこんでいたり、不機嫌に見えてしまうから危険です。
「この視線を伏せない」という習慣が「ぱっと明るいポジティヴな表情の女性」に貴女を変身させてくれます。

■ 恋愛の舞台衣装を取り揃えよ!
〜衣装なしに舞台に上がってはいけない〜

「出会いたい!恋がしたい!彼氏が欲しい!結婚したい!」
そう言っている女性のうち何割かは、努力なしでそのままの自分で勝負を挑もうとしています。
  今よりももっと高い確率で「大人のイイ男」の心を掴んで頂くために、ここで声を大にして言いたいことがあります。
  「恋の舞台に上がる前に、きちんと舞台衣装をそろえましょう!」ということです。多くの男性は、はっきり言ってしまえば「女性の外見のイメージ」がよければ、その女性の人格までを肯定したくなる単純な生き物です。

男性は、女性が思うより何倍も女性の外見を重視して恋人を選びます。相手の外見が「自分の好み」である場合にはじめて、「女としての中身」に恋をします。
男性の場合は、初対面の一分で容姿を見て「こりゃありえないな」と思った場合は、その後「やっぱり好きになってしまった」は、ほぼありえません。
稀に「え、この女性、こんなに素敵だったっけ?」とときめくことがあります。そんなときはほぼ100%、彼女のファッションもヘアスタイルもノリもまったくリニュアルされています。
これから貴女が上がる舞台は、一生が決まる重要な舞台です。運命の彼を見つけるための真剣勝負です。その舞台衣装だからこそ最優先して調達をする意味があります。
高い服を買えとは言いません。いわゆる「人気ファッションモデル」が登場している約十数種の女性誌があります。その中のコーディネイトをたった数種類真似するだけでいいのです。「大人のイイ男」を手にしたければ、マニアックに走ったり、女らしさが感じられない服装はNGです。「かまやつ系」「ゴスロリ系」「元祖コンサバ系(地味なお嬢様ルック)」「極端な音楽系(ロック、パンク)」「極端なストリートファッション」などはまずもって合コンに来た瞬間から引かれます。また90年代初頭のお立ち台ギャルのような過度な夜遊びセクシーファッションはまず無理です。さらに言うとバカ高そうなオートクチュールにも引きます。

答えは「人気モデルが登場する約十数種の女性誌」にあります。「断然に大人のイイ男を引き寄せるコーディネイト」が満載です。ここ90日は自分の趣味をちょっと押さえて、世の中の大きな流れに乗ってみる勇気が必要です。

■ グルメするならスポーツジムに行け!
〜ボディラインのコンプレックスを無くすことが積極的姿勢をつくる〜

あなたは空き時間を何をしてすごしていますか?誘われるままに出会いの少ない女友達と飲みにゆき、愚痴につきあったり、深酒をしていませんか?
しかし、この90日だけは、ちょっとだけ我慢して、そういった時間を「フィットネスジム」で汗を流す時間に使ってみてください。そして「脂肪を燃焼させて美しいプロポーションと溌剌とした表情をつくる」ために使うのです。男性の本音の会話でこんなのがあります。
「あの子かわいいんだけどなあ。お尻がちょっと大きすぎるんだよなあ〜。もったいない!」
「この前の飲み会で会ったあの子、太っていなけりゃ相当かわいいよ!」
このように、もうちょっとのところで、体型が原因で「恋人候補」ではなくなってしまう場合があります。これは、女性の前ではなかなか男性が口にしない本音です。そこでオススメするのがスポーツジム(フィットネスジム)ですが、早朝コースというのがあります。時間は朝7時〜10時くらいが目安で、月会費が5,000円台です。
出勤前に一汗かくにはオススメです。また夜間だけ利用したいという人のために「ナイト会員」のようなコースを用意しているジムもあります。これも毎月、五千円〜一万円以下で利用ができます。まさに飲みにゆく時間に行ってみる価値はあります。
最近のフィットネスジムは、大抵、ジャクジーや、サウナ、プールなども揃っており、「つらい!きつい!」というよりは「楽しい!癒される!」といった雰囲気です。この中でも肥満解消プログラムが一番痩せます。トレーナーが、生活スタイル、運動の内容、食事の内容なども全部プログラムしてくれます。フィットネスジムに一度行き出すと癖になります。顔も体もすっきりと痩せてくると「もっともっと容姿を美しくするのを楽しんでみよう!」と鏡の前で感激し、新しい自分の楽しみ方が生まれてゆきます。

「今度はあんな服を着てみようかしら?」「あんなヘアスタイルにしてみよう!」などの「ワクワク」が生まれてきます。一度そういう快感を味わうことができたらしめたものです!自動的に「スポーツダイエット」を体が覚えどんどん素敵なボディライン、フェイスラインになってゆきます。

■ 顔の筋肉極秘トレーニングで美貌をビルドアップしよう
〜リンパ液と70個の筋肉をあやつって顔を変えよう!〜

顔をつくっているのは、骨格と筋肉です。さらに表情をつくるのは顔の筋肉です。
魅力的な表情やフェイスラインも実はこの筋肉がつくっています。この顔の筋肉を常に鍛えておくと「私ってこんなに表情豊かだったけ?」と思うぐらいに魅力的な表情がつくれるようになります。
実は顔の筋肉が衰えると、目が小さくなったり、細くなるというから気が抜けません。また年齢を重ねるたびに顔が大きくなったり、垂れ下がってきたと感じる場合もあります。
顔が大きくなる原因は「アゴの筋肉」の衰えと表情筋が衰えることにより「リンパ液が顔の皮膚に停滞する」ことに起因するようです。
年齢を重ねるだけでなく、仕事やプライベートで、対人のコミュニケーションの機会が減り、感情の上下が減ることでこのようなことになる人も大勢います。
対人のコミュニケーションをこれ以上極端に増やすことが出来ない方のために、ひとりでできる「顔の筋肉の鍛え方」を説明します。

・顔の筋肉の鍛え方

@眼球を上下左右に動かす(何度も)。
A目を大きく見開き、その後顔のパーツを中心にギュッと集める。
ここまでで目の周りの筋肉が鍛えられています。
B頬にギュット力を入れた後、くちばしをつくる、さらにくちばしを左右に動かす。これで頬の筋肉が鍛えられます。
C口を「へ」の字にする。次に口を元に戻して大きくスマイル。
D思い切り口を大きく開く。

これを5分も続けると不思議に顔がシャキッとします。それに血行がよくなり、肩こりや、首の痛みも消えるから不思議です。

・リンパ液の停滞を無くす方法

リンパ液とは、体の中の老廃物を含みながら流れる液体で、最終的には腎臓に行き着く液体です。顔の皮膚の下に停滞しているリンパ液を顔の表面をさするようにゆっくりと「コメカミ」とその下に(「耳」の前)に集める。さらにコメカミから首筋にむけて下に流し落とすように皮膚をさする。首筋から「肩」の方にむかって流す。
さあ、いかがでしたか?ちょっとこの2つをやっただけで爽快な気分になりませんか?毎日10分、寝る前にやってみましょう!

■好きな仕事で「輝く女」のオーラ&フェロモンを磨こう
〜なりたい自分に近づくと恋愛運が向こうからやってくる〜

「今の会社には毎朝イヤイヤ通勤している。でも自分の好きな仕事なんて見つかりっこない。自分が望んだ職場なんてそう簡単に見つからないし、見つかったとしても転職なんてない。」
世の中の多くの人がこのように思っています。僕自身も社会に出たばかりの頃は「自分も楽しみながら、お客さんにも楽しんでもらえる自分にぴったりの仕事なんてごく限られている人にしか与えられない」と思っていました。
でもそれは単なる情報不足による思い込みに過ぎなかったのです。その数年後に世の中には多くの方法論が存在していることがわかりました。それは多くの人とかかわってゆくうちに知ることができました。あなたが「なりたい自分」になるための職種や自己実現の形は、あなたが思ってもいない形で存在するのです。それがどこに存在しているのかじっくりと、探すことが大切です。友人に聞いたりインターネットで検索したりしてじっくりと探すことです。根気良く情報収集をすれば必ず情報は見つかります。
今日から、自分は「会社の一部だ」という考えを捨てましょう。そして「会社は自分の人生の一部」と考えるようにしてみましょう。そう考えると、自分が自分の人生をコントロールしているような考え方になります。「自分が従うべき対象」ではなく「自分で選択し自分で自由に思い描く」となります。
そうすると今いる会社も、「今私はキャリアアップのためのステップのためのこの会社にいる」とか「今は、自分の夢の途中にいる」とか「今は夢の途中だ。」「今の会社はとりあえず腰掛けだ」などと、自分が今どこにいるのかがはっきり見え、その先どうしていったらよいのかがはっきりわかります。
もし自分がやりたかった仕事に従事できるようになると毎日がイキイキ・ワクワクして本当の自分になることができます。そして表情も声も艶があるものに変化してゆきます。もちろん男性から見ても魅力的な愛される女性に生まれ変わることができます。本当に毎日を「納得して生きる」これが一見恋愛には遠回りに見えて実は近道なのです。今回「自分の本当の生き方」が見つかり貴女自身が輝けば「電撃結婚」も向こうからやってきます。転職は無責任なことではありません。より自分を輝かせ、より社会に貢献できる形にもってゆくための試行錯誤なのですから。貴女が憧れている「素敵な女性」のように貴女自身がなること。それが今貴女に必要な自分革命なのです。

■今日限りで他人の悪口を卒業せよ!
〜他人の悪口、中傷はいっさい口にしないというイメージをつくれ〜

この電撃結婚プログラムにおいて、貴女はいくつもの決断をしなければいけません。
服を買うためにお金を貯める。5キロダイエットをする。毎朝早起きしてメイクをじっくり整える―。などなど
  しかし、貴女が幸せになるために見落としてはいけない一見地味な決断があります。それは「電撃結婚を成就するまでは他人の悪口、中傷はいっさい口にしない」という決心です。他人の悪口を言わないだけでなく、同調もしない。悪口やゴシップ好きな集団からは身を遠ざけるといった決断が必要です。
  しばらくすると、貴女の視界が「すっ」と開けたように明るくなることに気がつきます。他人を悪く思う気持ちがこれまでは貴女の心を曇らせ、どこか後ろめたい気持ちに自分自身を追い込んでいたことに目がさめます。
さらには誰かを悪く言ったり、被害者意識でつながっていた友人関係が消えてなくなります。友人が更正する場合もあれば、そういう友人達が自動的に離れてゆくといった現象が起きるのです。
  実は「他人の悪口ばかり言っている女性」は皆、どこか心が病んでいて、友人関係はもちろん恋愛関係についてもツイていない女性ばかりです。その巣を抜け出しただけで貴女はみるみる変わってゆきます。
  やがて「悪口の癖」を卒業した貴女は、明るい表情になり誰にも流されない強さをまといます。
そして「あの子は他人の悪口は絶対に口にしない」というレッテルが生まれます。そういうレッテルは、実は男性から見てとても重要なのです。
  なぜ重要か?それはホンネで何でも話し合える男性の絶対数が増えるという現象につながるからです。
実は男性は、派閥をつくったり、他人を落としいれようとしたり、ヒステリーを起こす可能性のある女性をもっとも嫌います。しかも男性はそういう女性と、そうでない女性をとても敏感にかぎ別けます。女性の多くは気づいていませんが、男性は「悪口好き」な女性をなんとなく遠ざけているのです。

何でもホンネで話せる女性は、周囲に男性の輪を呼び起こします。とくにこれから新しい男性の人脈を開拓してゆく速度がグンと加速します。
「あの子は絶対人のことを悪く言わないし、それに同調しない」
このレッテルこそ、大人のイイ男に愛される条件なのです。

■同性から見て「素敵」と思えるモテ女との付き合いを増やせ
〜モテ女と付き合うことこそ幸運を呼ぶ特効薬〜

男性は目の前の女性グループが独身男性市場から見て「売れ筋物件」なのか「売れ残り物件」なのかを敏感に感じ取ります。世の中の大抵の女性はプライベートの時間では「売れ筋」は「売れ筋」で、「売れ残り」は「売れ残り」で徒党組む法則を皆知っています。
  ここで重要なことをひとつ。
  「友情や仕事上の付き合いを優先して、売れ残り軍団を結成して傷を舐めあっていると男性から思われてはいけない」ということです。
  たとえ貴女が美人で聡明で、たまたま今彼氏がいない状態にすぎなくても、そのグループの中で飛びぬけて「売れ筋」であってもです。また「彼女らをなんとかしてあげたいから」という奉仕の精神も貴女自身に仇となって帰ってきます。
  男性は貴女が所属するグループの女性の平均値で、貴女の「レベル」を判定してしまいます。そのグループの女性達が「男性市場からの需要が低い場合」は貴女自身が同じように「需要が低い=売れ残り」と判断されてしまうのです。
  合コンやパーティ、結婚式ニ次会など、グループ同士での出会いの現場では、会ったその日に一目惚れで交際などということはまずありません。もしあったならば、それはアバンチュールの確率が高く、電撃結婚には向きません。相手の男性は会ったその日に落ちる女性を必ず大事にしません。そういう集まりで次回2人で会おうとなる場合は、相当幹事の腕がよかったり、男性メンバーの雰囲気づくりが上手い場合に限ります。
  半数以上の場合「気に入ったグループ同士でまた飲みましょう」ということになります。「次回また是非」の声がかかるもかからないも、女性グループのメンバーの平均値が握っています。たとえ1人いい女がいても平均値が低いと男性は「次回の宴」を申し込みません。こうなると貴女も「今回限り」のメンバーのひとりとなってしまうのです。
  相手グループの男性が内気な場合は、他の男性を差し置いて貴女に走ることも、他の女性メンバーを無視して貴女に突っ走ることもできません。だからこそ、貴女自身のブランド性がアップするような、自分以上のレベルの女性と徒党を組むほうが、「次回また是非みんなで!」というチャンスがたくさんやってくるのです。そのチャンスのすべてが、いつもよりワンランク上の男性ばかりです。それが同性から見て「素敵」と思えるモテ女との付き合いを増やすことのメリットです。

■笑いを演出できるオンナになれ!
〜大人のイイ男はお上品なお人形さんとは結婚しない〜

恋愛経験豊富で、社会的にも活躍し、楽しい余暇を大切にする男性達―。
彼らは自分自身にしっかりとしたアイデンティティを持っています。それがゆえに女性にも良い意味での個性を求めます。
  その中でも男性から人気なのが「笑いをプレゼントしてくれる女性」です。一緒にいて楽しくなる女性、仲間同士で会っているときもその場をぱっと明るくしてくれるような女性が大人気です。
  「自然な笑いの演出力」を持った女性は、実は実際の魅力よりも何倍も魅力的に見えるものです。
  でも女性お笑い芸人のようにマシンガントークで強系のキャラである必要はありません。オチやギャグやマシンガントークというよりは、自然な「空気感」で笑わすことが大事です。
  これは実はコツさえ掴めば誰でも可能な技です。
まずは目の前の男性の笑いのツボを把握することです。いろいろなパターンの会話を仕掛け、彼が最も良く反応した個所をしっかり把握しておきます。
その路線をまた繰り返しているうちに二人の会話中の笑いのパターンが生まれます。そこに生まれるのは「安心感」です。
  さらに次のステップに行ってみましょう。
あるとき突然「うっかりボケて笑われてしまった」なんてことがあります。彼にそのツボを発見させたらシメタものです。彼にどんどん深堀りさせてあげましょう。
彼に存分に貴女自身をいじらせてあげる―。
  実はこれが一番自然で手間の要らない「笑いの提供」なのです。それに男性は女性をいじるとき、実は心から楽しんでいることが多いのです。
  いじらすには適度なレスポンスが必要です。無抵抗、ノーリアクションでは彼もそれ以上貴女をいじれなくなります。軽く言い返したり、一緒に便乗してみたり何らかの盛り上がりをそこに設けるのです。
  そういったキャッチボールができれば、もう貴女は立派に彼に対し「笑いの演出」をしていることになります。
  そうなったときの貴女の魅力は、きっと以前の何倍にも膨れ上がっているはずです。笑いによる安心感、そして明るい空気―。電撃結婚には必需品です。

■眼中にない男性からの誘いを断る快感を体で覚える
〜選択の自由がある自分自身を思い切り意識しよう〜

これまで恋愛において相手から切られる感覚ばかりを味わってきた人がいます。昔はモテモテで自分から拒む状態だったのに、ここ最近たまたま振られたり、二股をかけられたりといったスパイラルに入っている人もいます。
  告白しても拒まれる―。
  付き合っている人に突然振られた―。
  二股をかけられていることが発覚した―。
  友人は次々と彼氏ができるのに自分はいつも取り残される―。
  こんな状況はなぜか連続して起こります。そして愛が成就しないたびに自分を責め、どんどん負け癖がついてしまいます。
  これはスポーツを同じです。一度負けのセルフイメージがついてしまうと、スランプに陥り恋愛の連敗記録が更新されてしまうものです。
  こういうときは貴女が相手を選択する感覚を味わうことで負け癖イメージを緩和することをオススメします。
  眼中にない相手からの告白に関し、きっぱりと「お友達でいましょう」とさらりと言ってのけるのです。でも相手の気持ちや口説きは一応じっくり聞いてあげた後の話です。その彼からの告白や口説きを浴びているうちに貴女は「自分は必要とされている」という実感を味わうことができ、一瞬でも恋のムードに酔うことができます。
  女性の中には自分を必要としてくれている相手に対し、はっきりと交際を断れないタイプの方もいます。自分が相手を振っているのに、胸を痛め、自分も涙を流す方だっています。
  でも振るということは、言葉でバッサリきりということだけが方法ではありません。返答を返さないという方法もあります。大事なのは自分の心の中で「しっかり拒んだ」という事実を噛み締めることです。
  このプログラムを実行してゆくうちに、望むと望まざるに無関係に、突然モテ期に突入することがあります。そうなるとこの「断る」という状況は免れられません。
  そこで断る自分、選択権を持っている自分、優位な自分を体に覚えこませ、貴女の本当の戦いに望むのです。
  まずはスパーリングで弾みをつけて、そしてタイトルマッチに臨むのです。

■自分が今フリーであるという事実をあまねく広めよ
〜男性に無駄な迷いの時間を与えない〜

「この人は彼氏がいるんだろうか?それともフリーなのだろうか?」
こんな疑問を周囲の男性に抱かせてはいけません。もし貴女が今フリーで、正真正銘、彼募集中ならばそれを恥ずかしがらずに周囲に伝えることが実は重要です。
その事実はなるべく早く、そして広く伝えることです。
「あまり彼氏がいないという事実を広げすぎると、売れ残っているような印象がつくられて、出会いを遠ざけるのでは?」
  そう思うかもしれません。
  でも、貴女自身が本当に輝いていれば、フリーであることはその魅力を半減させることにはなりません。
  それどころか、かえってその輝きを増すことにつながります。貴女がフリ−だということを知っている人が多ければ多いほど、当然次回の合コンや遊び、そしてデートに誘われやすい環境になります。
  男性の中には律儀だったり、トラブルが嫌いな人が大勢います。
  「彼氏がいる」または「彼氏がいそう」と思っただけで「じゃあ、あきらめよう」
と引き下がる人はものすごく多いのです。
  相手に彼氏がいそうな雰囲気の場合、そこで「よし俺のものにしてやる!」と略奪を考える男性は、実は多くありません。
  相手が好みの女性でも、もう好きになりはじめていても、「彼氏がいそう」ということだけで大抵はあきらめてしまいます。
  だからこそ「彼氏がいない」という事実をはっきりと、そしてなるべく広く伝えることが必要です。
  広める前に、もちろんのこと貴女自身を磨いたり、魅力的に見せることを怠ってはいけません。魅力なしの状態で、「私はフリーよ!」を広めても「ああ、やっぱりなあ」と、ただ男性を納得させるだけで、引き合いはますます来なくなります。
本書にも記載してある「自分の魅力磨き」を必ず実行し、それから「彼氏はいません!只今募集中」を触れ回りましょう。
「え?あいつあんなに魅力的なのに彼氏いないの?すごい掘り出しモノだ!急がないと売れてしまう!」
  男達をそういう気持ちにさせて競わせることができればシメたものです。

■いじり上手な女になれ!
〜へりくだるな、ふんぞりかえるな!懐に潜り込め!〜

大人のイイ男達は実は上滑りな毎日にうんざりしています。ユーモアを含まない敬語の会話、あたりさわりのないコミュニケーション、仕事中とはいえ、殺伐とした会話をしかけてくる女性―。
  実は大人の男は、もっともっとガチンコなコミュニケーションに飢えています。古きよき時代の頃の血沸き肉踊ようなる楽しい会話や雰囲気を求めています。
  さらには、あまりにもへりくだった「食いつきのない会話の女性」を前に気まずさを感じています。もっと自分を人間として扱って欲しいとおもっているのです。
さらにいうと「何か勘違いして偉そうにしゃべる女性」に対し浅はかさと精神的未熟さを感じうんざりしているのも同様です。
  プライベートな時間帯での男のホンネを一つ―。
実は男性は、女の人からニックネームで自然に呼ばれたり、敬語を使わない会話をもちかけられることが心地よくてたまりません。この「自然に敬語をつかわないで心地よい雰囲気が作れる女性」をこよなく好みます。
さらにいうと、彼の懐まではいりこんできて「軽いいじり」ができる域までゆければ最高です。
懐に入り込むといっても胸にぴったりくっついて胸をいじくるのではありません。彼の心に入り込んで傷つけない程度に「上品にからかう」ということです。
今紹介したようなコミュニケーションをわざとらしくするのではなく、あくまで自然に貴女自身が楽しむことです。
うまくやれば次のような効果が生まれ、恋愛運が上がることにまちがいありません。

・へりくだらない・・・・恐縮のあまり埋まらなかった距離を埋めることになる。
・ふんぞりかえらない・・かわいいイタズラモードになるほうが好印象。
・懐に入り込む・・・・・ちょい生意気な妹分キャラのほうが印象に残る。

いかがですか?
一説の「知性」「笑顔」「ユーモア」「やさしさ」といったような女性の魅力は、ないよりはあった方が良いに決まっています。
  でも「大人のイイ男」は振り向かせるには、「上品なからかい上手」であることが大事なのです。

■話し掛けられたら反射的に笑顔で反応せよ
〜明るいリアクションが返ってくる信頼感〜

これはテクニックでもありますが、同時に習慣でもあります。体で覚えこめば一生使える習慣です。しかも恋愛シーンだけでなくビジネス、ファミリーなどさまざまなシーンで貴女の人生をハッピーにしてくれます。これを機会に是非習慣付けておきましょう。
  会社の朝の情景を思い出してみてください。「おはようございます」と声をかけられたときのそれぞれの人の反応です。
  笑顔で元気良く「おはようございます!」と返す人。聞こえるか聞こえないかわからない声でしか返答しない人。返事自体しない人。さまざまです。
  上司や他人から注意されてはじめて気づく人は問題ありません。驚くのは注意されても直らない人がいることです。自分が周囲に与える不快感などにはまったく気づく余裕もないのです。しかも本人は悪気がないのですが、悪気がないからこそ治りにくいのです。
  こういうタイプの人がまともなビジネスシーンで得られる業績が多きくないことはいうまでもありません。
  それはプライベートなシーンでも同様です。飲み会などをしていて男性から話しかけられた瞬間に―。

・無表情
・返事もしないで視線だけ合わせる
・眉毛をしかめてこわばった顔で反応する
・間の悪い返しを空気関係なしにする

こんな反応を無意識にしてしまうことがあります。
たとえ無意識にしていても「笑顔を蓄えて相手に反応する人」にくらべて、人生の幸も少ないことはいうまでもありません。
  今日から貴女の「笑顔の反応力」を高めましょう。すべての会話において他人から話し掛けられた場合に「スマイルリアクション」ができるように体に覚えこましましょう。
  とっても急いでいるときこそ笑顔をつくりましょう。心のキャパシティの広いバランス感のある女性と思われること必至です。
  さあ、今日、次に話し掛けられたときから実施しましょう

■ゆっくり話せる女性になれ
〜早口だけの女性は興ざめのもと!考えながら話す術も必要〜

モテたい!男性から心地よい女と思われたいなら「考えながらゆっくり話せる女性」になることです。
  とくに出会いの場所、飲み会やパーティや合コン、初デートでは、その場を盛り上げようとしたり、緊張したりで早口になりがちです。あとから自分が映っているビデオなどがあれば貴女自身の会話のペースを確認してみましょう。
  自分が思っているよりもその声は早く聞こえるはずです。ときにはあまりの落ち着きのなさに恥ずかしくなってしまうほどです。
  実はこのせかせかした、せっぱつまったような早口は恋にも逆効果なんです。
  貴女が早口で焦って話すと、相手の男性にも「早い呼吸」をあおってしまいます。
貴女の呼吸につられて浅くて早い呼吸になった彼は重苦しい気分になります。もちろん「笑い」が混じっていれば話は別です。笑いのない普通の会話中に、早口で焦って話すのはものすごい圧迫感のある雰囲気を作り出します。
  実は男性は女性の会話の内容と同じくらい、1フレーズ1フレーズの余韻を大事にしています。
  ところが男性は早口の女性を前にすると、おちついて1フレーズ1フレーズの余韻を楽しむことができません。男性はそれが出来ない会話をとても不快に思います。
  相手に貴女の話している内容を「映像で思い浮かべさせるぐらいの余地」を残しながらの会話が心地良いものです。
  もちろんゆっくり話すときは多少抑揚がないといけない。棒読みでゆっくりでは気味悪がられる。そして相手の反応や表情の変化を無視しないこと。相手の表情に関係なくマイペースでゆっくりゆっくり話を続けては「空気の読めない女性」だと思われてしまいます。
  多少ペースがつかめてきたら、いつもの早口に戻ってときには冗談を言ったり、相手に突っ込んだりしてみるとよいでしょう。
  「ゆっくり抑揚をつけて話す、ときには早口でリズムをつける」
  言葉を口にする貴女にとっても、それを耳にする彼にとっても必ず心地が良いものとなるはずです。
  これまで、どんなに一生懸命話題づくりをしても、空回ったり、逆効果だった方にはとくにこの「スローテンポの会話」をオススメします。

■初対面を繰り返すことによって美人になれ!
〜初対面の男性から見られるという刺激を受ける〜

 新しい男性と頻繁に知り合うことは「女磨き」にとって大変有効です。
初対面が「女磨き」に有効なシーンは大きくふたつあります。まずは貴女が相手の話を聞くときです。「楽しい笑い話」、「なるほど!とうなずける話」、「びっくりする話」、「人生のためになる話」、「仕事のプラスになる話」など―。
  さまざまな話を聞くことは、テレビや本、インターネットよりも、高い吸収率で心が必要なことを吸収します。
もしこれが昔からの友人や毎週会っている人の話だったら初対面ほど真剣にあらたまって聞き入りません。
「初対面」の緊張感と新鮮な空気が貴女の耳を相手の話に聞き入らせるのです。
もうひとつ、初対面が「女磨きに効果的」なシーンは、「自分がどうやって魅力的に相手に話をするか?」を一生懸命考えて常に試すときです。これが貴女自身の表現力を磨くのに非常に効果的です。
  「イイ男」は、実は「一人の人間としてキャラクターが立っている女性」を好みます。言いかえれば「どこの場所に行っても自然に自分を表現できる女性」です。
  「一見ニコニコしていて聞き上手なだけかと思いきや、きちんと自分の話が面白くできる大人女性」―。このような女性を大人のイイ男は探しています。
  そういう「魅力的な女性」になるには、「どんな話法がいいのだろうか?」「どんなテンションが自分も楽しく相手も楽しいのだろうか?」と考え、実際の場で試しながら自分を育てるのが一番効果的です。初対面はこのエクササイズの機会を貴女に与えてくれます。
  「あ、今日はいいテンポで相手が頷いて聞いてくれている」とか「みんな笑ってくれている!」または「このエピソードに皆真剣に関心をもってくれた!」などの反応を見ることです。自分の会話を試し、その反応をその眼で確かめるのです。
  さて、この初対面に対し毎回強いストレスを感じる方がいます。そういう方こそそのストレスを感じなくなるまで、初対面に慣れるよう機会を増やす必要があります。
  初対面にストレスを感じている人は、間違いなく魅力を出し切れていない人。つまり「まだまだ内面も表情も魅力的に磨く余地がのこされている方」です。
  だからこそ今よりも確実に「魅力的」になることができるのです!

■正しいセクシーさを身に付けよ!
〜下品なセクシーさは女を安くしてしまう〜

もっともっとセクシーにならなきゃ!と思っている人が勢い余って間違った露出をしてしまうことがあります。たとえば、一昔前の露出系の服をなぜか着てしまう女性がいます。ファッション誌にすでに載っていないような露出系の服です。
男性は自分自身では女性のファッショントレンドを説明できない癖に「これはイマドキ」「これは古い」とか「これは爽やかにセクシーだ」「下品なセクシーさだなあ」というふうにジャッジはできる生き物です。
以下は「露出しすぎ」による「下品オーラ」を放つ可能性があります。

・一昔前のボディコン
露出の大きい、ボディラインがあまりにもくっきり見えすぎるボディコンシャスを普通の合コンや、飲み会に着てくるとNG。ただしバブル時代のディスコを懐かしむマニアにはウケルこともある。2次会のコスプレカラオケ大会の衣装ならOK。

・胸の谷間の出しすぎ
前かがみになると女性の想像を絶するほど谷間が見えます。水着でもないのに2センチ以上谷間が見えると男性は他の脳みそが働き出し、恋愛どころではなくなります。)

・酔いすぎて胸の谷間やひざ上の隙間を隠さない女性
色物としてアバンチュールの対象にはなりますが、本命の座は遠くなります。
第一印象は良くても、時間の経過とともに「毎回飲みにいくとこうなるのだろう」と興ざめされます。

・深すぎるスリット
歩いたときに内股の付け根までが見えてしまうようなスリットには気をつけましょう。前スリットは切り込みが深すぎるとどちらかの足を大きく前に踏み出したときに、その足の付け根までをあらわにします。とくにスカートの生地が薄ければ薄いほど、思いも寄らぬ過度なセクシーを振りまいてしまいます。
  女性が「これくらいなら大丈夫!」とおもっているところに思わぬ落とし穴があります。
もしここで下品なセクシーさが前に出てしまうと「本命の彼女の椅子」は遠のき、代わりに「都合のいい女の椅子」が近づいてきます。
時折男性の友人にチェックしてもらうと安心です。